ソルフェージュ

小さい子にはゲーム感覚。大きい子にはプリントでソルフェージュをします。

感覚で弾くのも、楽譜を理解して弾くのもどちらも身につけたいものです。